スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”ガネーシャとプチ断食”

こんばんは~!今日も花粉すごいですね~。
眼が痛いので目薬ばかりさしています。


先週は”プチ断食”というものを試してみました。
まぁ断食といっても、半日程度(朝と昼食や感触をとらずに夕食は普通程度の量)ですが、ちょっとした効果がでました。

そもそもプチ断食とは、少しだけの断食と言う意味で、短期間の食事の摂取量を控え、ダイエット効果を期待したり、健康回復を促す方法を指しています。断食といっても、その間の水分は摂取しなければなりませんが、プチ断食は、実際に実行してみると、意外と簡単で、ダイエットにも効果があり、便通などがよくなり体調がよくなったという人もたくさんいるそうです。

自分がそれをやろうとした目的は、ダイエットではないですが、お腹の調子がすぐれなかったので少し腸を休めようと思ったこと、あとは昼間の眠気防止のためでしたが、眠気防止の方は早くも効果が出ました。昼間に眠くならないばかりか次の日の朝も快適に目覚めることができました!

でもやっぱりお腹はすきますし、これから仕事をしたり、運動をしようと言う時に力が出ないのでは意味がないので、何も予定のない休日などに試してみるのがよいと思います。

プチ断食についてはこちらを少し参考にしました
http://www.jingisukan.biz/kouka/post_23.php


食べすぎは百害あって一利なしです。食べ過ぎてお腹を壊したことは何度もありますし、運動部時代、夜遅くに帰って物を食べて胃がもたれたり、口内炎(原因として考えられるのは、ビタミン不足もありますが、夜に胃を酷使すると口内炎が出来やすいそうです)を何個もつくったりと悪い影響ばかり出ていました。

普段は夜遅くに物を食べたり、間食をしたりで腸にとっても体にとっても悪い影響が出ているので、断食という手段を使わないにしても食事は、腹8分か7分程度が体には良いみたいです。






ということで、久しぶりに長い前置きでしたが、今日も本の紹介といきましょう。
紹介するのは自己啓発書、というとちょっと固いですが、小説形式で簡単に読めて笑える本です。


夢をかなえるゾウ/水野敬也



あらすじ

「お前なぁ、このままやと2000%成功でけへんで」

ダメダメなサラリーマンの前に突然現れた関西弁を喋るゾウの姿をした神様“ガネーシャ”。
成功するために教えられたことは「靴をみがく」とか「コンビニで募金する」とか地味なものばかりで…。
夢をなくした“僕”と史上最悪の“師匠”が繰り広げる、「笑って」「泣けて」「ためになる」実用エンタテインメント小説。


【 感想 】

これはこれは…なんなんだろう??

本当に自分を変えてくれる気があるのだろうか?試されているのか、からかわれてるだけなんじゃないのか?

もし自分がこの物語の主人公だったらそう思うかもしれない。

もちろん読んだその日から、主人公は本の中いるのだが、”ガネーシャ”と呼ばれる理不尽な神様が出す課題は、まぎれもなく本を読んでいる読者に向けられたものでもある。

読む前の”本書の使い方”というページにもあるが、ガネーシャが出す課題について毎日この主人公とともに実行していくことになる。
『こんなことして何になるのか』正直そう思うのだが、その課題を実際に本当に楽しいことだとも思う。
そしてそれを続けることは、効果があると分かっていてもなかなか実行できない、あるいは先程の『何になるのか』という疑問により、動きだすことができないものだと思う。


たぶん本の知名度に期待を膨らませて、読んだ読者にとっては期待はずれのものであると思う。
”夢をかなえる”ための画期的な方法論、これまでとは違った人生の送り方、失敗しない方法…。そんなもの無いと分かっていながら、早くも過剰に期待して、当たり前の内容や、見当違いの理不尽なアドバイスや課題について、『こんなことあたりまえだし、意味があるのか』と思ってしまう人や、今以上にもっともっと頑張らなくちゃいけないのか…と誤った解釈をして鬱な気持ちになってしまう人。そういった人にとってはあまりいい本だとは思わないだろう。

多分この本で伝えたいことはそういうことではないと思う。
単純に”夢をかなえる”といっても、それを現実に実現することはものすごく厳しいことは誰にとっても分かっている。その”厳しい”という現実とまだ体験すらしていない脅迫観念に陥って一歩進めない人達に対して、この本は”夢をかなえる”ための、試みやプロセス がいかに楽しいものなのか ということを暗に伝えているのだと思う。


夢をかなえるためのノウハウは教えた。あとはお前次第や~
そんな、ガネーシャの無責任な答えがかえって来そうだが、本を読んでいる間、あるいは実際に課題にチャレンジいる間は、やっぱり楽しいし、少しでも何か変わるかもしれない、そんな気にさせてくれる本だと思う。

最後の最後まで笑わせてくれるシーンがあり、
自己啓発書としてではなく、小説としても面白かった本だった。




最近ではこの本の続編も出たのでそちらもオススメ!!

夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

クロネコ09

Author:クロネコ09
こんにちは!クロネコです!ブログは初めてなので分かないことが多いですが、慣れながら楽しみたいと思います。

趣味は、読書・ランニング・映画鑑賞・ピアノ・スノボー旅行・軽い運動・猫いたずらなどです~!

カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

~介護に役にたった本~
オススメの本
最新記事
~使ってみて良かった本~
楽天
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
特にオススメの本
面白かった漫画
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
1205位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
679位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
♪スカウター♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。