スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライスペーパーの残骸

日々お疲れ様です。今日は風が強いようですね。



最近は、料理を週に2~3回くらい作るようになりました。
中々上手くなりませんし、見た目も悪いですが、味はちょっと濃いかなって感じです。料理上手な方に教わってみたいですが、他の方はどのくらい普段料理しているんでしょうね?

とある友達に「いつも料理作るの?」と聞いたら、

作るよ。カップラーメン」と返答されました。お湯をいれて3分…出来あがり!!

その友達は、一緒にバーベキューをした時、30分しても木炭に火を付けられず、あげくの果てにサラダ油を使って火を起こそうとしていました(笑)
彼はほっといたらガソリンとか入れそうで怖いです…。



ところでホットケーキも料理のうちに入ると思います!?


ちゃんと料理している人には笑われるでしょうが、例えホットケーキミックスを使っていたとしてもこれは料理だと自分は思います。小さい頃から好きで結構作っていますが、意外にも難しいです。とくに、
両面を同じように焼くこと と 1枚目からよい焼き色で焼くことは難しく、一枚目は初めに油を敷く関係で、油を吸ったホットケーキの焼き加減がどうも上手くいかないんですね。
白いとこと茶色いとこの違いがはっきりしてます。なので最初に油を敷いたら、フライパンをティッシュで油を軽く拭き取ってから焼き始めてます。そうすると2枚目と同じ色に焼けます。両面は同じように焼くのは難しいですが。片面焼いたら裏側はボツボツが多いのでそこに液を流し込むか、同じ形を下に作って合わせるか、形上手く作ろうとすると失敗しやすいので難しいです。


先週は、この前残っていたライスペーパーが残っていたので、何か作れないかと思い、変なモノつくりました。


ライスペーパーだと、生春巻きくらいしか思いつかないんですが、残り物を作ってどうにかこうにか…それが
これです↓



DSCF1613_convert_20130208230745.jpg
題名”変なの”(もしくは、ツナとチーズの生春巻きカリカリ焼き


材料は、ツナとマヨネーズ、ライスペーパーとチーズと水菜です。



半分に切ったライスペーパに切った水菜を並べ、マヨネーズを和えたツナをのせ、その上にシュレッドチーズをまばらにのせ、巻いたら、油を多く入れたフライパンで両面2~4分程揚げた簡単な料理です。

見た通り、見た目は悪いですが、醤油ではなく、ケチャップで食べればナイスな味でした!!


それでもライスペーパーは余ったので、いくつかに切ってせんべいにして食べました。
さらに見た目は悪くなりますが、自分のカメラワークと盛り付けのせいもかなりありますのでお許し下さい。


DSCF1611_convert_20130208230700.jpg
題名”ライスペーパーの皮の野郎”(別名・ライスペーパーせんべい


油で1~2秒ですぐに揚がりますので全然手間はかかりません。塩で味付けすれば案外いけます!!



あんま美味しそうじゃないですが、こんなものです。
ブログに貼るならもっと美味しそうなの貼れって感じですよね、ハハ。。





最後に一冊、絵本を紹介して終わりにします。絵本であって中々深い話しです。




"THE MISSING PIECE"


内容と感想
パックマンみたいな主人公が自分の書けた部分(完璧な状態が丸の形をしている)を探して旅にでる話。
Missingとはこの主人公の体の事。(あるはずのものが)欠けていること。
また、旅の途中で色々な生き物達との出会いが待っている。この本は簡単な英語で書いてあるので、そこまで英語が分からなくても読みやすい洋書の絵本。


一言でいうなら、完璧なんかよりも、何か欠けている方が、より多くの幸せや得るものが多いという事を言いたいのだと思う。その欠けているものとは、人間にとっては、障害だったり、苦労だったり、失敗だったり…。日常的であるのに見過ごしがちな事実。解釈は人それぞれですが、このMissing Piece が旅に出た事により得られたものはとても大きなものでした。

”It was missing a piece.”
”What it finds on its search for the missing piece is simply and touchingly told in this fable that gently probes the nature of quest and fulfillment.”



これは昔、大学の英語の先生(教授?)からすすめられて読んだ本です。授業中に紹介され、なぜか貸してくれたので読んでみましたが、
すごく良くてなんだか温かくなる本でした。絵本ですが、”百万回生きたねこ”と同じく何か考えさせらるテーマでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして。
懐かしいです。
「僕をさがして」みたいな邦題で一世を風靡した絵本ですね。
とてもいい思い出になっている本です。

Re: タイトルなし

初めまして!コメントありがとうございます。
へぇ~そうなんですか、それほど有名だったとは正直知りませんでした。
また「ぼくを探しに」が日本語バージョンだったことも。絵本だけど、ちゃんとにいいたいことが
たくさんの人に伝わるってすごいことですよね。。



> はじめまして。
> 懐かしいです。
> 「僕をさがして」みたいな邦題で一世を風靡した絵本ですね。
> とてもいい思い出になっている本です。

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。
プロフィール

クロネコ09

Author:クロネコ09
こんにちは!クロネコです!ブログは初めてなので分かないことが多いですが、慣れながら楽しみたいと思います。

趣味は、読書・ランニング・映画鑑賞・ピアノ・スノボー旅行・軽い運動・猫いたずらなどです~!

カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

~介護に役にたった本~
オススメの本
最新記事
~使ってみて良かった本~
楽天
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
特にオススメの本
面白かった漫画
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
1053位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
596位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
♪スカウター♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。