スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やりたかったことを、やりなさい

一週間お疲れ様です~!!
長いようで短い一週間でした。ちょっと暑かった~!!明日はちょっとひとっ走りランニングにいって来ようと思います。

最近思ったのですが、思ったことを口に出すことってすごく大事ですよね。
例えば、普段何気なく食べている食事に対して『おいしい』といったり、帰ってきたら『ただいま』といったり、商品を受け渡すコンビニの店員に対して『ありがとう』とお礼を言ったり…

多分最後の例なんかは、相手からしたら多分驚くのではないでしょうか?『こんなお客さんもいるんだ~』と。
ただの一言のようで、これがあるかないかで、随分と人間関係変わると思います。社会では当たり前で、することが常識となっていても、家族だとか近ければ近い存在程それがなかったりします。そして自分がお客になっている場合なんかでは特にこれを忘れがちですが、多分このような一言のおかげで相手からの印象も全く違うものになると思います。相手も良い意味でドキッとするでしょうし、何よりその言葉を発した自分が気持が良い、そういう風に感じました。




ではでは、今日も本の紹介を行きます。
まだ読みかけですが、実践途中のこの本。

ずっとやりたかったことを、やりなさい。/ジュリア・キャメロン



解説

毎日の繰り返しに、埋もれた自分。そろそろ起こしてみませんか? 実験と観察からなる単純な科学的アプローチによって、創造的に生きる方法を明らかにし、自分のいろいろな側面との出会いを導いていく。

感想

この本のタイトルは”ずっとやりたかったことを、やりなさい”となっているが、”やりたいこと”が決まっている人だけを対象に書いているわけではない。

”やりたいこと”がまだない人、それが何かまだ見つからない人に対しても分かるように説明した本だと思う。

一番重要なのは、”モーニングページ”という毎日の日記のような作業。

多分これを続けるだけで随分と自分が変わるのではないかと思う。私自身、今でもう6週間以上これを続けたことになるが、今までしらなかった自分を発見することが出来た。

普段知っているようで知らない自分。ノートにその時その時の自分を自由に書いておくことで何かを再発見出来る。問題は嫌な部分を含めて”自分”を受け入れることが出来るか。

毎週毎週の課題はあるが、ここに書いてあることをやること。そして行動を起こすことで何らかの変化を実感できるのではないかと思ったし、実際に自分の行動も変わったと思う。

読んで、実践する、オススメの自己啓発書です。
スポンサーサイト

ONE PIECE

今日は暑かったですね~!とりあえず言いたいことは一つだけ…




ほろ酔い2


ほろよい” 最高~!!

特に、梅酒ソーダやホワイトは上手い!!後味すっきり!!






今日は前回に決めたタイトル、大人気漫画の ONE PIECE でいこうと思います。

…というのも、ずっとこの漫画好きで読み続けてるからなんですよ。。半年程前に映画、ワンピースフィルムZを見に行きました。


Z2.jpg



最初は、大人なのに恥ずかしいかな…と思たのですが、映画館に行くと子供よりも大人の方が圧倒的に多かったです!!やっぱり人気なんですね~!
映画の内容も、面白かったです。アヴリル・ラヴィーンの歌も良かったし、何より敵キャラが渋くてかっこよかった!!もうすぐDVDも出るらしいですが人気で借りられなそうですね。。

何かの番組で、SMAPの木村さんや明石家さんまさんもワンピースのことを大絶賛していました。


ONE PIECE /尾田栄一郎



あらすじは紹介しなくもよいと思いますが一応…

あらすじ・解説

かつてこの世の全てを手に入れた〝海賊王〟ゴールド・ロジャー。彼が遺した「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」をめぐり、幾多の海賊達が覇権を賭けて争う「大海賊時代」が到来した。

「東の海(イーストブルー)」のフーシャ村に住む少年モンキー・D・ルフィは、村に滞在していた海賊〝赤髪のシャンクス〟と親しくなり、海賊への憧れを募らせる。ある日ルフィは「ゴムゴムの実」という悪魔の実を食べ、一生泳げない体になる代わりに、全身が伸び縮みするゴム人間となった。それからしばらくして、ルフィはシャンクスを貶める山賊たちから怒りを買い、海に投げ込まれてしまう。溺れかけ、巨大魚に食われそうになったルフィを、シャンクスは片腕を犠牲にして助け出した。ルフィは、村を去る間際のシャンクスから、トレードマークの麦わら帽子を託され、将来立派な海賊になって再会することを約束する。

この話は、海賊となった少年モンキー・D・ルフィを主人公とする、〝ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)〟を巡る海洋冒険ロマン

現在、単行本は69巻まで刊行されている。
累計発行部数は68巻現在、国内最高となる累計2億8800万部を突破し、日本国外では翻訳版が30カ国以上で販売された。


レビュー

この作品は連載から13年であろうか!?作者の尾田さんは、本当にいつまでも人気が衰えず、すごいと思う。週刊少年ジャンプの一番の看板漫画だと思う。

とにかくファンが多いので偉そうなことは言えないが、とにかく面白い、ハマる作品!!

自分がこの作品の魅力について、5つあげるとすれば…

・たくさんの悪魔の実

・仲間とのドラマ

・登場人物(キャラクター)

・深い歴史

・BBS



まず、やっぱり”悪魔の実”の存在は大きい。

悪魔の実は、食べると悪魔のような力を手に入れられう実のことで、超人系・動物系・自然系と大きく分けて3つ存在する。例えば、ゴムゴムの実(超人系)を食べると体がゴムになって、腕を伸ばしたり、受けた銃弾跳ね返したりできる。

一番強くて無敵なのが、自然系(ロギア)と思いきや…後半の海になるほど、そんなことはないことが分かる。いろんな悪魔の実を見ていると、主人公ルフィが食べた”ゴムゴムの実”は、実はそんなに強くないんだなって思ってしまう。

食べると泳げなくなる、といった弱点はあるが、最初から泳げなかった人物には、失うもの(デメリット)は何もない。ただ、何を食べるかによって能力が違うため、事前に何か知らないと怖い果実でもある。

漫画中ではあるキャラクターが、『悪魔の実を食べて、十中八九弱くなることはない』というような会話をしているのだが…。たとえば、人間が、間違ってチョッパーのような、”ヒトヒトの実(人になる能力)”を食べてしまうと、ヒトになる…。泳げないだけの人間になる。そんなことだってあるのだ。

次にワンピースと言えば、仲間との友情や登場人物がとても魅力的だと思う。仲間を決して見捨てない主人公、そして信念の強い登場人物達。初めからカッコいいと思うようなキャラクターはそんなに多くはないと思うが、話を進めていくうちに、悪であろうが、正義であろうが、嫌いだったキャラクターがいつの間にか好きになっているってことも多い。

そして、仲間の歴史や、この世界の歴史について細かく書いているところは本当にすごい。後付けも多いと聞くが、13年もの長期連載でぶれずにここまで話が書けるのは素晴らしいと思った。

最後にBBSというのは、漫画の途中に書いてある、コラムやファンからの質問に作者の尾田さん自身が答えていること。多忙な生活を送っているのに、ファンレターに目を通して書き続けている、この人の信念はとてもすごいと思う。休載が多くてもいいので、病気をせずに最後まで書ききって欲しいと思う。


最近は、ギャグが寒いとか、絵が込み入っている、話が複雑…など色々批判的な意見もあるが、総合的に見てやっぱり面白いと思う。個人的に特に面白かったのが…

七武海ミホークとゾロの対決Drヒルルクの話アラバスタ編メリー号との別れ11人の超新星登場と、なんといっても世界最強の男”白ひげ”登場の頂上戦争編

がすごく盛り上がった。もちろん他にもあるし、面白くない話もボチボチあったが、やっぱり日本一売れている漫画だけあって面白いと思う。



…と、今日はオタクっぽいですが、(いや、オタクですね。。)いつもの小説の紹介とは違い、好きな漫画について書いて見ました。

でも、漫画家ってすごいと思います。ストーリーを考えないといけない上に、絵を書かないといけない。しかも、実際には存在しない人物や物、景色を見やすく、より分かりやすい角度でとらえて書かないといけない。

そして、週刊連載の場合は、面白くない場合はすぐに切り捨てられるので、毎回見どころを作って、話を盛り上げていかなければならない!本当に半端じゃないですよね~。すごい世界です。

来月4日に新巻となる ONE PIECE 70 (ジャンプコミックス) が発売されるそうで、楽しみです。

長くてすみませんが、以上です。また暑くなるでしょうが、体調に気を付けてお過ごしください。
それではおやすみなさい~!!





”ガネーシャとプチ断食”

こんばんは~!今日も花粉すごいですね~。
眼が痛いので目薬ばかりさしています。


先週は”プチ断食”というものを試してみました。
まぁ断食といっても、半日程度(朝と昼食や感触をとらずに夕食は普通程度の量)ですが、ちょっとした効果がでました。

そもそもプチ断食とは、少しだけの断食と言う意味で、短期間の食事の摂取量を控え、ダイエット効果を期待したり、健康回復を促す方法を指しています。断食といっても、その間の水分は摂取しなければなりませんが、プチ断食は、実際に実行してみると、意外と簡単で、ダイエットにも効果があり、便通などがよくなり体調がよくなったという人もたくさんいるそうです。

自分がそれをやろうとした目的は、ダイエットではないですが、お腹の調子がすぐれなかったので少し腸を休めようと思ったこと、あとは昼間の眠気防止のためでしたが、眠気防止の方は早くも効果が出ました。昼間に眠くならないばかりか次の日の朝も快適に目覚めることができました!

でもやっぱりお腹はすきますし、これから仕事をしたり、運動をしようと言う時に力が出ないのでは意味がないので、何も予定のない休日などに試してみるのがよいと思います。

プチ断食についてはこちらを少し参考にしました
http://www.jingisukan.biz/kouka/post_23.php


食べすぎは百害あって一利なしです。食べ過ぎてお腹を壊したことは何度もありますし、運動部時代、夜遅くに帰って物を食べて胃がもたれたり、口内炎(原因として考えられるのは、ビタミン不足もありますが、夜に胃を酷使すると口内炎が出来やすいそうです)を何個もつくったりと悪い影響ばかり出ていました。

普段は夜遅くに物を食べたり、間食をしたりで腸にとっても体にとっても悪い影響が出ているので、断食という手段を使わないにしても食事は、腹8分か7分程度が体には良いみたいです。






ということで、久しぶりに長い前置きでしたが、今日も本の紹介といきましょう。
紹介するのは自己啓発書、というとちょっと固いですが、小説形式で簡単に読めて笑える本です。


夢をかなえるゾウ/水野敬也



あらすじ

「お前なぁ、このままやと2000%成功でけへんで」

ダメダメなサラリーマンの前に突然現れた関西弁を喋るゾウの姿をした神様“ガネーシャ”。
成功するために教えられたことは「靴をみがく」とか「コンビニで募金する」とか地味なものばかりで…。
夢をなくした“僕”と史上最悪の“師匠”が繰り広げる、「笑って」「泣けて」「ためになる」実用エンタテインメント小説。


【 感想 】

これはこれは…なんなんだろう??

本当に自分を変えてくれる気があるのだろうか?試されているのか、からかわれてるだけなんじゃないのか?

もし自分がこの物語の主人公だったらそう思うかもしれない。

もちろん読んだその日から、主人公は本の中いるのだが、”ガネーシャ”と呼ばれる理不尽な神様が出す課題は、まぎれもなく本を読んでいる読者に向けられたものでもある。

読む前の”本書の使い方”というページにもあるが、ガネーシャが出す課題について毎日この主人公とともに実行していくことになる。
『こんなことして何になるのか』正直そう思うのだが、その課題を実際に本当に楽しいことだとも思う。
そしてそれを続けることは、効果があると分かっていてもなかなか実行できない、あるいは先程の『何になるのか』という疑問により、動きだすことができないものだと思う。


たぶん本の知名度に期待を膨らませて、読んだ読者にとっては期待はずれのものであると思う。
”夢をかなえる”ための画期的な方法論、これまでとは違った人生の送り方、失敗しない方法…。そんなもの無いと分かっていながら、早くも過剰に期待して、当たり前の内容や、見当違いの理不尽なアドバイスや課題について、『こんなことあたりまえだし、意味があるのか』と思ってしまう人や、今以上にもっともっと頑張らなくちゃいけないのか…と誤った解釈をして鬱な気持ちになってしまう人。そういった人にとってはあまりいい本だとは思わないだろう。

多分この本で伝えたいことはそういうことではないと思う。
単純に”夢をかなえる”といっても、それを現実に実現することはものすごく厳しいことは誰にとっても分かっている。その”厳しい”という現実とまだ体験すらしていない脅迫観念に陥って一歩進めない人達に対して、この本は”夢をかなえる”ための、試みやプロセス がいかに楽しいものなのか ということを暗に伝えているのだと思う。


夢をかなえるためのノウハウは教えた。あとはお前次第や~
そんな、ガネーシャの無責任な答えがかえって来そうだが、本を読んでいる間、あるいは実際に課題にチャレンジいる間は、やっぱり楽しいし、少しでも何か変わるかもしれない、そんな気にさせてくれる本だと思う。

最後の最後まで笑わせてくれるシーンがあり、
自己啓発書としてではなく、小説としても面白かった本だった。




最近ではこの本の続編も出たのでそちらもオススメ!!

夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神






モンスター

どうも、最近は中々眠れません。眠っても嫌な夢ばかり…どうしたらいいんでしょうかね?


ブログを始めたのが去年の12月あたりで4カ月ちょっとがたちました~!
あいかわらず読んだ人が興味を持つような記事は中々かけませんし、自分の好みに偏ってしまいますが、どうしたら上手くいくんでしょうかね。

あるサイトでは、中立的なブログほど面白くないものはない!!
と書かれていますが、確かに…。。

例えば
もし興味があれば~を見てみて下さい” と書かれたものや、
個人によって賛否両論ありますが…”と始めから面白くないことも前提で始められる紹介…

自分のブログにぴったり一致しますね!!面白くないのはこれが原因だったのか!!ってこれだけじゃないんですが、やっぱり大事なのはインパクトなのかもしれません。

これは絶対読むべき!!
これを読まなきゃ死ねない!!
これがあれば人生180度かわる!!


広告や宣伝にもあるように、相手に興味をもって貰えるように、少し誇張していうことも大事なのかもしれません。
また、そうやって買ってしまった本や買い物も多いので、それが良いことかどうかは自分の判断なのでしょうが、ブログでこれを実践して、過剰にインパクトを出そうとするとすぐに炎上しそうなのでほどほどに。なるべく正直に語るのが一番よさそうです。ちょっとずつ変えられるものは変えながら良くしていこうと思います。






では前回で予告していた通り今回は話題は 漫画の紹介 にします!!!

テーマは、う~ん。。思いつきですが、

『読む前は全然興味無かったのに、読んでみたら意外に面白かった漫画』

これで行きましょう(笑)

一応これに該当する作品は

銀の匙 Silver Spoon (少年サンデーコミックス)

ヒカルの碁 (ジャンプ・コミックス)

ジョジョの奇妙な冒険 1(ジャンプ・コミックス)

…など、ありますが今日紹介するのは、ミステリアスで謎にみちたこの作品!!!




Monster (ビッグコミックス)

【 内容 】

 1986年、西ドイツ、ドュッセルドルフ。
私立病院の外科チーフである日本人医師テンマは、院長に目をかけられ、その娘エヴァとの結婚も間近という順風満帆の生活を送っていた。ある日、東ドイツから亡命してきた一家で殺人事件が発生。両親は死亡したが、テンマは瀕死の重傷の息子ヨハンを救う。そしてこれが長く苦しい悲劇の始まりだった…。

【 感想 】

全18巻にも及ぶ長編漫画。主人公は日本人医師、ドクターテンマがある青年(ヨハン・リーベルト)を助けたことからこの物語は始まります。彼の助けた人間は怪物だった…。

MONSTER(モンスター)とはいったい何なのか?どうして生まれたのか?どこへ向かおうとしているのか?

ページを追うごとに、次々と問題が発生し、大きな事件へと発展していきます。

果たしてテンマは、怪物を…”終わりの光景”を食い止めることができるのか?

作中に出てくる絵本がなんともリアルで、話も漫画とは思えないほど重く深い、そんな物語を描いています。

この漫画はヤバい!! 一言でいうならそんな感じのハラハラドキドキの絶対オススメの一冊!!


作者の浦沢直樹さんの他の作品では、”鉄腕アトム”をモデルとして『 PLUTO 』や映画化された、『21世紀少年』有名で、どの作品も深いものばかりです。






児童書のオススメ

こんばんは~!1週間も早いものでもう週末を迎えてしまいました。

今日は帰りの電車で本を読みながら、あるテーマについて考えていました。
そのテーマとは、「人はいつ大人になるのか?

小説で少しだけ触れていたこの問題ですが、すごく身近にあって答えにくい問題でもあります。
もしこの質問を、無邪気な子供から聞かれたとすればあなたならどう答えるでしょうか。

18歳を過ぎたら、あるいは成人したら「大人」ですか?

社会に出たら「大人」ですか?

結婚したら「大人」ですか?

厳しい事に目を逸らさずに耐えられるようになれば「大人」なんですか?


…上に出した例ももしかしたら正解かもしれません。でも、大抵の場合、人は意識せず「大人」になっているものです。あるいは「大人」というレッテルを貼られている、そんなものだと思います。
いつが「子供」で、いつが「大人」なのか、中間点はどこなのか分からぬまま、気が付けば「大人」の仲間入りをしている。そんな感じだとも思います。

でも、その目の前にいる「大人」達が全てが、本当に大人なのか、それは疑問に思うところです。

例えば、大人の世界には意味不明な理不尽さや、身勝手さはたくさんありますよね。
関係無い事や、つまらない事でいちゃもんつけるクレーマー、ハラスメント、いじめ、詐欺、虐待、モンスターペアレント問題など…。
身近な問題をあげても、常識で考えたらこれが「大人」によって起こされていることだとは思わないでしょう。

でも実際は起こっている。子供よりもむしろ「大人」の方が多いんじゃないかな?特にいじめ問題なんかは、メディアでは子供の方しか取り扱いませんが。

まぁ、大人全てがここでいう悪い行為をするわけではないですが、どんな組織にもここであげた以上の問題は起きていると思います。
そう考えると、「大人」っていうのは、実は子供が成長して完成した一人前の存在になることではなくて、”不完全な”「子供」ができあがることなんじゃないかな、と思います。
まれに、子供以上に子供な「大人」もいますし、素直に言う事が聞ける子供の方が、むしろ「大人」なのではないか、そう感じることもあります。

やはり、成長と共に心も体も誰だって成長しますが、成長しきれなかった偏った部分はそのまま残って「大人」になるのではないでしょうかね。誰だってどこか「子供」の残りかすを抱えながら「大人」として生きているのかもしれません。

上手くまとめきれませんが、そんな風に感じました。
小説の1ページ程に満たない問題提起でしたが、つい考えてしまいました。







さて、今回も前置きが長くなってしまいましたが、今日は先程の話題に少し関連して、
「子供」向けの本・オススメの児童書 の紹介をしたいと思います。

…とはいっても「大人」でも十分楽しめると思います^^昔懐かしのこの一冊(2冊)!!




エルマーのぼうけん (世界傑作童話シリーズ)

あらすじ

動物島に捕えられているりゅうの子を助けるため、エルマーは冒険の旅にでかけます……。広がる空想、ユーモア、リアリティー。幼年童話の最高峰の一つとして読みつがれています。

感想

小学生低学年の時に、国語の授業であつかった物語の一つです。授業ではライオンに食べられそうになった主人公がチューインガムを使って見事、ライオン達をだましている場面を扱っていたのを覚えています。

これをきっかけに、この本と続編のエルマーとりゅう 、そしてエルマーと16ぴきのりゅう の3冊を図書館で借りて夢中で読んだ覚えがあります。
ファンタジーと冒険の夢の世界を舞台に、エルマーが向う難題にワクワクしながら読んだものです。あれからもの何年もたった今でも覚えている非常に印象に残っている本なので、まだ読んでない人に是非読んで欲しいオススメの一冊です!
多分、ハリーポッターよりも読みやすいので活字がダメな人でも手軽に読めると思います。





ルドルフとイッパイアッテナ

あらすじ

昭和61年度の児童文学新人賞入賞作品. ひょんな事から長距離トラックで東京に来た黒猫ルドルフ.土地のボス猫と出会い,その日からこのイッパイアッテナとの愉快な野良猫生活が始まった…….

感想

黒猫の”ルドルフ”と、トラックに乗せられ行きついた先の東京でしりあった”イッパイアッテナ”との物語。
本当はこの猫は”イッパイアッテナ”なんて名前ではないのですが、ルドルフの勘違いから以降、”イッパイアッテナ”という名前で呼ばれることになります。昔NHKか何かで音読していたシリーズの一つだと記憶していますが、これも読みだすと面白かったり、悲しかったり、感動できる、1匹の猫を巡る物語です。

すでに読んだ事がある方も多いと思いますがこれも子供の頃面白かった本の一つです。

この本にも続編があり、ルドルフ ともだち ひとりだち や第三弾のルドルフといくねこ くるねこ などがあります。

今まで知らなかったのですが、ちょうど去年にこの『ルドルフといくねこ くるねこ』の10年後を描いた、
ルドルフとスノーホワイト が出版されたそうです。





この他にも、大泥棒ホッツェンプロッツシリーズや、十五少年漂流記などもすごく面白かった覚えがあります。

今回は主に子供向けの本の紹介になってしまいましたが、普段はあまり読まないけどこれから簡単な本から読書をしていきたい方や、久しぶりに読んでみたくなった方いましたら、図書館で簡単にかれられますので是非読んでみてください。

それでは今日はこの辺で^^おやすみなさい~!!


プロフィール

クロネコ09

Author:クロネコ09
こんにちは!クロネコです!ブログは初めてなので分かないことが多いですが、慣れながら楽しみたいと思います。

趣味は、読書・ランニング・映画鑑賞・ピアノ・スノボー旅行・軽い運動・猫いたずらなどです~!

カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

~介護に役にたった本~
オススメの本
最新記事
~使ってみて良かった本~
楽天
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
特にオススメの本
面白かった漫画
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
1053位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
596位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
♪スカウター♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。