スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KAGEROU

こんばんは。今はだいぶ涼しくなりました。

最近迷惑メールがよく来るようになりました。障害者支援協会を装ったり、いとこのおじい(?)だったり、正直意味が分かりません。相手のドメインを拒否しても度々アドレスを変えて送って来ます。一度送られてくるとすごく面倒です。

何か変なものに登録した覚えはないのですが…ヤフーオークションで物を落札して、相手先にアドレスを送信した後の頃から、迷惑メールも送られるようになったのでそこらへんが怪しいのではないかと思います。どこで自分のアドレスが漏れたのか確かなことは分かりませんが、みなさんも気を付けて下さい。




さて、今日も早速本の紹介をしていこうと思います。少し前に話題になったこの作品!


KAGEROU/齋藤智裕


総合評価:☆☆☆
(話題性:☆☆☆☆ ストーリー:☆☆☆ )
オススメ度:3.5


あらすじ

第5回ポプラ社小説大賞受賞作。儚く不確かなもの。廃墟と化したデパートの屋上遊園地のフェンス。「かげろう」のような己の人生を閉じようとする、絶望を抱えた男。そこに突如現れた不気味に冷笑する黒服の男。

命の十字路で二人は、ある契約を交わす。肉体と魂を分かつものとは何か?人を人たらしめているものは何か?深い苦悩を抱え、主人公は終末の場所へと向かう。そこで、彼は一つの儚き「命」と出逢い、かつて抱いたことのない愛することの切なさを知る。哀切かつ峻烈な「命」の物語。

レビュー

多くの方が知っている通り、俳優・水島ヒロさんが書いた小説です。

芸名も肩書も伏せたまま原稿を投稿し、大賞決定後に編集者が「齋藤智裕」に会いに行った際に初めて作者が水嶋だったと分かったといいます。

この作品について否定的は意見も多いですが、読んでみると…そんなでもないです。正直。
ただ、テーマがありきたりというだけ。中身は読んでみると、分かりやすいですし、『命』をテーマとしたちゃんとした話が展開されています。

今一つぐっとくるものが無かった…というのが本音ですが、初めて出した作品でここまで書けるならすごいと思います。
モデルで、ルックスも良くて、頭も良くて…、そんな人が小説まで書いて話題になったらそりゃあ、批判はでますよ。もしこれで、小説まで完璧だったら困りますよね(笑)

今話題の村上春樹さんの小説だって、かなり批判もありますから。話題の分だけ批判はつきまとうものだと思います。

中身にはあまり触れませんでしたが、次回作が出るならそちらにも期待したいです。
スポンサーサイト
プロフィール

クロネコ09

Author:クロネコ09
こんにちは!クロネコです!ブログは初めてなので分かないことが多いですが、慣れながら楽しみたいと思います。

趣味は、読書・ランニング・映画鑑賞・ピアノ・スノボー旅行・軽い運動・猫いたずらなどです~!

カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

~介護に役にたった本~
オススメの本
最新記事
~使ってみて良かった本~
楽天
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
特にオススメの本
面白かった漫画
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
1205位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
679位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
♪スカウター♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。